希望の党の動向はどうなりますか?

都知事による新党希望の党が結党されたことで野党の政局は大いに変化しました。

民進党による希望の党による合流がなされていますが民進党の党自体は参議院を残したまま衆議院のみを解散(解党)扱いにして希望の党から候補を公認されるのを待つのみとなっています。民進党自体を解党しないのは政党助成金を国庫に返金しなければならないので身新党を残したままにしています。

民進党の代表は党を裏切った裏切りもの呼ばわりされています。

また民進党の代表は辞任要請されています。

希望の党民進党の衆議院の候補を選別してリベラル派は公認が得られない状態になっています。また供託金や寄付金(入党金)を支払ったにも関わらずに公認されない理不尽な思いになっていると思います。都知事衆議院での出馬を拒否 理由は(自分が批判されるを恐れているから)現に都民ファーストから離党届を提出したものが出るくらいだから

また希望の党は総理候補者を明記せずにいるので不快感が現れている。

民進党の議員を選別や総理候補を明示しないことなら不快感の表れによる希望の党は希望なき党になっている。